2012年04月13日

<SPOTTEDな映画との日々>第1回

第1回『劇場版はらぺこヤマガミくん』

非常に愛と才能の詰まった映画です。

「はらぺこヤマガミくん」というショートムービーがWEB上で話題になり、
今回劇場版になる際に未公開エピソードを併せて、
全25話を一挙上映する内容になっています。
エピソード監督は三人います。
『片腕マシンガール』から『電人ザボーガー』まで映画愛で映画を撮る天才・イグチーこと井口昇監督、日本のスプラッター請負人・西村喜廣監督、そして塩崎遵監督。
もうこの時点で普通の常識ではない話が展開する予想はできます(笑)。

ヤマガミくんは神様なのですが、主食が人間という素晴らしいカミサマです。
いつもどうやって人間食べようか考えてるうちにトラブルに巻き込まれていきます。
敵に出会い、友情を知り、恋をする。
人間が食べたいが、人間と心を通わせ、自分のエサの気持ちを知る。
最後は素直に笑って感動できる最終章を迎える。

3人監督がいると当たり前ですが、各々の個性が強く出て正直話の繋がりはヤマガミくんというキャラクター以外バラバラです(笑)。
でもこの映画ではエピソードごとの監督たちの個性は非常に楽しいし、1話3分では正直もったいないと思ってしまう。
でもその時間内に各監督の愛がたっぷり詰まったおかげでヤマガミくんは輝く。
ちなみにヤマガミくんは着ぐるみなんですが、このアナログ感が今の時代にピッタリ。

ヤマガミくんの友達にも注目。
親友のイソベくんはどうみてもイカ(笑)、たまにヤマガミくんに炙られているのが素敵。
ライバルのカワカミくんはブルー色の甲殻類、喧嘩がバリ強い。
紅一点のキノシタちゃんはキノコ、興奮すると可愛らしい。
注目キャラはツチダさん!
キレると怖いが、ポイントはいつも人間の女性のドレイさんを飼育しています(笑)。

人間キャラもパンダーマンのしいなえいひ嬢を始め、清水崇監督が素晴らしい役でアシスト!

ここ最近の井口・西村ワールドは限界を知らない。
もちろん『劇場版はらぺこヤマガミくん』もその1本。
限りを知らない着ぐるみファンタジー、特とご覧あれ。

<作品データ>
『劇場版はらぺこヤマガミくん』
2011年/日本/79分
監督/井口昇 西村喜廣 塩崎遵
出演/ヤマガミくん(声/井口昇) キノシタちゃん(声/水井真希)

posted by spotted701 at 23:50| SPOTTED758 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
LINK!LINK!LINK!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。