2013年02月22日

SPOTTED営業日誌(12.29-1.5)

■12.29(土)
山戸結希監督がオーディトリウム渋谷の壁に「菅原」という習字を無数に貼りまくるのを手伝う。習字はおじいちゃんが書いたらしい笑。その前でホトケの菅原のプチ撮影会を経て、B社・Kさんと合流してランチ。A社・Hさんと打ち合わせ。新宿Motionの大森靖子ライブ。貫禄。トリはクアトロとダブルヘッダーのうみのてだが、こちらはだだ滑りでがっかり。来年に期待ということで...。

■12.30(日)
内藤瑛亮監督と柴田助監督とMOOSIC LAB転校生企画&うみのてMusic Video打ち合わせ。何かほんと無茶ぶりA連発で2人には申し訳ない気持ちでいっぱいだが、何とか進行できそうでホッ。

■12.31(月)
2012年が終わる。『シロメ』から3年?ももクロが紅白出てるのが感慨深かった。

■1.1(火)
実家に帰る。祖父の豆餅が美味。天皇杯、ガンバ完敗。健太餃子食べて宇都宮のホテルに宿泊。

■1.2(水)
家族と那須を散策。夜は塩原の温泉宿へ。フリーでどうぞと置かれた樽酒で酔う。

■1.3(木)
ワールドスクエアで縮尺のおかしな世界を歩いてたら変な気分になった。夕方東京に戻って、渋谷で「SPOTTED701」用の山戸結希監督×中森明夫さん対談⇒プチ新年会。昨年の指針は「更新」だったけど、今年は「継続と更新」かな、と思った。



■1.4(金)
竹内君と、MOOSIC LAB秦俊子監督『メロディ・オブ・ファンハウス』(N'夙川BOYSの人形アニメーション!)の陣中見舞いでみなとみらいへ。アミューズメント感甚だしい駅前から閑散とした埠頭へ。とかく秦さんの場合コマ撮りアニメーションなので孤独な作業を黙々とやることになる。フッテージを見せてもらったが、シンノスケさんなんか特にたまらない動きをしていた。完成が楽しみ過ぎる。
posted by spotted701 at 02:05| NAOI Takatoshi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

SPOTTED営業日誌(12.8-12.28)

■12月8日(土)
夕方より三間旭浩監督からMOOSIC LAB参戦の相談。A社Hさんと新企画打ち合わせ。来年は本家MOOSIC LAB以外にもMOOSICな企画がどんどん動きそうだ。まず第一に、大事なのは実現のスピード感と肝に銘じる。

■12月9日(日)
B社Kさんと四谷で中華を食べながら四方山話。ルノアールで引き続き打ち合わせしていたら山戸監督がフライデー編集部に囲まれて登場。流石「恐るべき子供賞」。夕方、高畑&滝野監督とMOOSIC LAB企画打ち合わせ。高畑君の軽さと滝野君の慎重さの噛み合わせが面白い。夜、人に勧められていた「ラブ・アゲイン」観る。素晴らしかった。日本でこんな風な大人のラブコメは成立しうるのか。今泉力哉よ、愚痴ってばっかいないで頑張れ、と思う。



■12月10日(月)
池袋でMOOSIC LAB三浦組打ち合わせ。ギリギリにならないと具体的にならなそうでジリジリ。渋谷で『暗闇から手をのばせ』チーム打ち合わせ。所謂「良い映画」を尖らせて目立たせるのは大変、だが、それだけが宣伝ではないので、オーソドックスな事をやりつつ手を考えていくことにする。

■12月11日(火)
四ッ谷・上智大学でおとぎ話MVの打ち合わせ。大学の空気は若々しくて自分が不審者みたいでそわそわする。

■12月12日(水)
午前中からポレポレ東中野で打ち合わせ。来年のあれこれ。夜、おとぎ話&青葉市子のライブ@新代田FEVER。まわりで「天才」とか「才能」という言葉がしっくりくる人はこの人だけ。何かちょっと人智を超えてる気がする。終わり頃、振り返ると山戸監督がいた。ああ、ここにも常識を超えた人物が。ライブ後、同世代くらいの女の子に宣戦布告されていた。え、もう山戸が仮想敵とか目標とかになってる子たちがいるの?と目眩。

■12月13日(木)
選挙の事前投票に行ってドタバタと仕事をして、夜に岩淵弘樹監督『サンタクロースをつかまえて』レイトショー。九龍ジョー先生とトークショーに出させて頂く。割と辛辣な事を言ってしまった気がする。とにかく岩淵君は理屈っぽいのが勿体ないと思う。本当に感動したり面白かったりするのは理屈抜きな瞬間、監督にもコントロールできない何かが起こった瞬間だから。『サンタクロース〜』で面白いのも、岩淵君がたじたじになってる制御不能なお母さんの言動だったりする。視点を増やしたり、クオリティを上げる前にやるべきことがまだあると思う。だから被写体と向き合う事もできずに、迷走しながら、醜態をさらしながら、オレは何やってんだと言いながら作った『サマーセール』や、自分語りの制作日誌やコラムやの方が面白いと感じる...とかいろいろ語りたくなるのが何か腹立つなあ(笑)



■12月14日(金)
午後に名古屋へ。もう4年前くらいからやっているシネマスコーレとの共同企画上映「SPOTTED758」も9回目だった。MOOSIC LABのキックオフイベントとして谷口恒平『正義の人』平波亘『倉庫内作業員の恋』山戸結希『あの娘が海辺で踊ってる』『Her Res』を。山戸監督の歯に物を着せぬマシンガントークに谷口君は目をまるくしていた。静かに火がついていた。木全支配人の総評も相変わらずズバッ、ズバッと斬ってくれて清々しい。夜はアメカルハウスにて就寝。背中が痛くなったけど中古ビデオに囲まれて寝るのも悪くない。



■12月15日(土)
本日は大阪へ。シアターセブンでのMOOSIC LABキックオフイベント。ラインナップは前日と一緒+宮本杜朗監督最新作『太秦ヤコペッティ』宣伝ほか諸々。キングジョーさんにも再会。ジョーさんは『正義の人』を気に入ってくださったよう。お客さんに何人か話しかけられる。しんどいけど地方はやっぱり出向いてコミュニケーション取るのが一番かな。イベントの意味や記憶の濃さが東京と違う気がする。宮本くんらと遅く迄打ち上げ。



■12月16日(日)
MOOSIC LAB・H組の実写パート撮影を覗きに。夜、内藤瑛亮監督らと打ち合わせ。某企画、風雲急を告げる展開に。

■12月17日(月)
京都からやってきたMOOSIC LAB谷口恒平監督と天津優貴嬢と原宿H社へ。大先輩を前に緊張する谷口君の図、カメラをまわしておきたかった。アベラヒデノブ氏も合流して引き続き打ち合わせ。夜、うみのてのレコ発@下北沢シェルター。うみのて史上1、2を争う素晴らしいライブ。この時代に笹口くんの歌があって良かった、と改めて思う。2ちゃんねるファックオフな新曲『Unknown Idiot』がクソかっこ良かった。あと、その前のオシリペンペンズはもちろん、最初の"さよなら、また今度ね"もすごくいいバンドだった。充実感ハンパない夜。



■12月18日(火)
映画美学校で『同じ星の下、それぞれの夜』試写。夜、大森靖子×柴田聡子+久下さんのライブ@円盤。2人とも素晴らしかった。会場で満身創痍のヤング・ポールや豊田道倫先生と再会。成都で軽く呑んで帰る。何か懐かしい感覚だった。

■12月19日(水)
K's cinemaにMOOSIC LAB途中経過の報告。「今年は...納品大丈夫ですよね?」という酒井支配人のメガネの奥の目が光っていたような気がして震えた。一部大丈夫じゃない気がして戦慄したが、何とかするしかない。夜、山下敦弘監督「中学生日記」チームの忘年会。山田真歩嬢や篠原友希子嬢、貫禄出たな〜。



■12月20日(木)
夜、MOOSIC LAB×下北沢映画祭の企画でB&Bで『サマーセール』『tarpaulin』上映会+大森靖子、岩淵弘樹、今泉力哉とトーク。イベントの間に大橋裕之組『A・Y・A・K・O』の撮影も(笑)この日の観客の中に某美少女アイドルが来てたり、打ち上げに坂口恭平さんが来てたり、カオスな夜。

■12月21日(金)
竹内道宏監督と某企画打ち合わせ⇒山戸組おとぎ話MV第2弾衣装合わせ。男の子役の子が現役高校生で女の子役の子が現役中学生かと思ったら見事に逆だった。夜、バウスシアターで『フラッシュバックメモリーズ3D』特別先行上映。満席。この勢いはどこまで続くだろうか。劇場関係者が壊滅的に来れなくてショック。百聞は一見に如かずな映画なのでかくなる上は封切時に観てもらうしかないか。



■12月22日(土)
サイタマノラッパーのメルマガ関係者忘年会にお邪魔。15時集合で終始、呑む。TOMさんがベトナム兵の亡霊みたいなルックスになっていた。

■12月23日(日)
来年に向けたENBU CINEMA PROJECTオーディションを覗きに。今泉力哉、金井純一両監督と軽く呑み。なぜか轟夕起夫さんらとロロ『いつだって可笑しくて誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』観劇。感動。森本華さんは本当に可愛い。

■12月24日(月)
MOOSIC LAB谷口恒平組クランクイン。家でケーキ食べながら大量の年賀状書き。右腕がしびれる。『ニーチェの馬』を観てあまりのストイックさに心がしびれる。



■12月25日(火)
『フラッシュバックメモリーズ3D』松江監督取材日。便乗して『SPOTTED701』のインタビューもやらせていただく。久々に2人で話す。松江さんがこれからやろうとしているプロデューサーと僕がじりじりと確立を目立つプロデューサーにはだいぶ違いがあって安心した。夜、クリスマスで色めき立つ渋谷で笹口騒音ハーモニカと内藤瑛亮監督とネモトさんで凶悪な話に明け暮れる。

■12月26日(水)
夜、内藤瑛亮監督らとまた別企画の打ち合わせ。方向性固まる。

■12月27日(木)
MOOSIC LAB大畑組緊急事態で打ち合わせ。朝倉加葉子監督も緊急参戦してもらうことに。『しんしんしん』配給の諸田君から相談事。今迄やってきた映画のチラシをひっくり返すことになりいろいろ感慨深い気持ちに。過去を振り返るのは心してやらないと引っ張られて危ない。夜、DECKREC×SPOTTED関係者忘年会。今年を象徴する顔が揃って、カオスだった。二次会は某若手監督を囲んで少数精製のコアメンバーでじっくり話し込むことに。2013年も忙しくなりそうだ。不安だけどワクワクする。不安に勝てるワクワクがあるうちは続けられるということで。来年も頑張ろう。



■12月28日(金)
夜、イメージリングス忘年会。イメリンはもう無いけど、人は同窓会的に集まる。何だか可笑しかった。ちょっと面白い事を思いついたので企画を立ち上げようと思う。いよいよ年の瀬。しかし全然各プロジェクトが落ち着かないので年末感が薄い。ありがたいことだと思ってこのまま頑張って年をまたいでしまおうと思う。
posted by spotted701 at 11:23| NAOI Takatoshi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

SPOTTED営業日誌(2012.12.1-12.7)

■12月1日(土)



FILMEX映画祭で『ぼっちゃん』鑑賞。サイタマノラッパー・MC TOMこと水澤紳吾氏主演!共演に宇野祥平!というSPOTTED的にはある意味夢のような映画で嬉しい(笑)映画もちょと長いが、とても好感度が高い物だった。夕方、MOOSIC LABに参加する新人監督(通称「先生」)と監督を乗っ取られたエリザベス宮地君と打ち合わせ。映画の日だったこともあり、沖縄料理食べて『悪の教典』を観に行く。というかもうカメラが常にまわっていて、つまりクランクインしていた。久々にポジティブでパワフルな人と会ってエネルギーをたくさん頂いた。個人的にあまりノレない映画だたこの映画が好きなN先生にはますます好感を持った。妙なハイテンションのまま解散。



■12月2日(日)
おとぎ話Music Video『NO SOS』(監督:山戸結希)打ち合わせ。おとぎ話メンバーと上智大学の学食にて(笑)1曲分の予算しかないのにもう1曲やることになるあたりが流石の山戸組。思えば『Her Res』も3分映画コンテスト用の映画だったのに4話あるし、『パヒパヒ』も映画版と2ヴァージョン存在するし(笑)夜、あらかじめ決められた恋人たちへのライブで代官山UNITへ。MOOSIC LABでコラボする川村清人監督、平波亘監督と。あら恋のライブは音楽や映画、その他あらゆる表現のどんなジャンルの人も感動させる力を持っていると思う。ライブ後、平波組カメラマン・伊集さんも合流して軽く飲む。この日、シアターNが本日で閉館。井口昇監督「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」西村喜廣監督「東京残酷警察」松江哲明監督「ライブテープ」他大変お世話になった。お客としては先日MOOSIC LAB関係者たちと「カリフォルニア・ドールズ」を観て盛り上がったのが最後。近藤支配人、本当におつかれさまでした。

■12月3日(月)
夕方、ひどく久しぶりに東映ラボテックに。ちょっともしかしたらこれ最後なんじゃないかな、という気持ちで田川のほとりを歩いた。そんなわけで城定秀夫監督9年ぶりのピンク映画『人妻セカンドヴァージン 私を襲ってください』初号試写へ。9年前のデビュー作『味見したい人妻たち』を思い出す。さみしくて、エロくて、端正で、叙情的で、胸に沁みた。もしかしたらこれが僕の最後のピンク体験かもと噛み締めながら観た。いつかポレポレ東中野で上映できてらいいなあ。城定秀夫は最後のプログラムピクチャー監督にして、永遠のスタンダード監督である。夜、田中羊一&ヤングポールとシンガーソングライターSさんと打ち合わせ。MOOSIC LAB 2013、まさかの...?その後タミー先生(下記youtube参照)、平波亘監督、今井真監督らと飲み。



■12月4日(火)
夕方、森岡龍監督と打ち合わせ。『ニュータウンの青春』の地方上映の配給協力について、など。レイトショーで島田隆一監督『ドコニモイケナイ』。タイトルとビジュアルの雰囲気から勝手に昔良くあった渋谷のホストに騙されて転落する難病の女の子の映画と思ってたら約10年の歳月を紡ぐ肝の座ったドキュメンタリーで胸をえぐられ今年指折りの忘れ得ぬ映画体験となった。トークショーでは山戸結希が触る物みな傷つける言葉の刃を低姿勢で繰り出していた。島田さんは映画からは想像もつかない爽やかなメガネの文系男子だった。打ち上げでは元アップリンク鎌田さんとあれこれ。暗い話が多くて、若手監督たちの前で申し訳なかったな...。



■12月5日(水)
いよいよ来月に公開が迫る「フラッシュバックメモリーズ3D」の公開を記念して、2月に都内某劇場で松江哲明監督特集上映をやります。各所の許可取りも9割型終了。レアな作品も含め、なかなか攻撃的なラインナップになったかと。夜は竹内監督、H監督と渋谷O-EASTにてN'夙川BOYS。動員1300人の熱気たるや!過去最高に素晴らしいロックンロールショーだった。ライブのクライマックス、マーヤに導かれてノアの箱船のごとくステージに上り詰める総勢500人近いの観客たちの図は圧巻!会場の一体感に心から震えたのであった。ちなみに、土曜日に観たあらかじめ決められた恋人たちへ、この日のN'夙川BOYSの一期一会の幸福なライブ体験に"映画"はどうやって勝てるのか?ある意味それに答えを出したのが松江哲明監督の体験型3D映画「フラッシュバックメモリーズ3D」だと思う。



■12月6日(木)
デザイナー寺澤君と打ち合わせ。今年も大変にいろいろとお世話になり、また、多大な迷惑をかけてしまった。SPOTTEDっぽいと言われるデザインは寺澤君とさきっちょ君のおかげ。東銀座・S社で打ち合わせ。いろいろと勉強になる。河口湖のおとぎ話Music Video撮影だったが現場にはたどり着けず。夜中1時頃終了予定が、明け方、今終わりました...。という長井助監督からのメールが届いて目が覚めたのであった。山戸よ...(遠い目)

■12月7日(金)
渋谷でK社Yさん、加藤行宏監督と打ち合わせ。加藤、1時間半遅刻。どこの大物だよ...(遠い目)そして加藤監督の底抜けな妄想を聞いてるうちに地震。地球が加藤にツッコミ入れたのかと思った。いやしかし久々に気持ち悪い船酔いのような地震だった。一時期電話が通じなくなったり、てんやわんやとなるが、引き続き渋谷T社でJJさんと打ち合わせ。相変わらず「面白ければ何でもいいんで!」という清々しいまでのユルさ。さあ、あとは加藤監督が〆切通り脚本書けるかどうかだな...(再び遠い目)

posted by spotted701 at 12:21| NAOI Takatoshi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
LINK!LINK!LINK!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。