2012年11月08日

オーディトリウム渋谷「こっぴどい猫」vs「くそガキの告白」レポ

1.jpg
このブログはこっぴど子ちゃん(※今作った)のおぼろげな記憶でレポートされます。
どれも画像はクリックで拡大いたします。

10月20日(土)オーディトリウム渋谷
「こっぴどい猫」vs「くそガキの告白」オールナイト上映のようすをお届けします!
0a1f975e_7.jpg
当日会場には今泉監督班、役者さんずらっと。
鈴木太一監督、サンドイッチマン的よそおいで参戦!

2.jpg

左「くそガキの告白」鈴木太一監督、右「こっぴどい猫」今泉力哉監督。
なぜかはじまるコノヤロー合戦。

「こっぴどい猫」「tarpaulin」の上映をはさんで、
大森靖子さんのミニライブがありました。

3.jpg

そして「くそガキの告白」上映。

京都みなみ会館にもいらして下さった鈴木太一監督の
サンドイッチマンなお姿、こちらでもレポートしています!




【告知】
京都みなみ会館にて、11/3(土)〜11/16(金) 今泉力哉監督「こっぴどい猫」上映!
また、奥様の今泉かおり監督「聴こえてる、ふりをしただけ」も同期間上映!

11/10(土)〜11/16(金)には「こっぴどい猫」のスピンオフ作品、「tarpaulin」も上映!

劇場にはいつもの川村淳平氏イラスト表紙、SPOTTEDvol.5が置いています。「こっぴどい猫」特集 今泉監督独占インタビュー掲載!
674001711.jpg

見た後に手に取ってお読み頂けると、二倍、三倍、
お楽しみ頂けると思います!

まずは京都みなみ会館にて本編をお楽しみください!



373・寺田
posted by spotted701 at 01:22| SPOTTED373 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

SPOTTED営業日誌(2012.10.6-10.19)

■10月6日(土)
MOOSIC LAB 福岡編に後ろ髪を引かれつつ、招待してくださった京都映画祭へ。配給の仕事を始めて5年、なぜかうみのてFadeTシャツを着て東映京都映画撮影所の門をくぐることになろうとは思いもよらなかった。テアトル沢村さん、田辺ユウキさん、シマフィルム田中さん、吉川さんらとシンポジウム登壇。熱いお客さんの質問などもあって妙にテンションはあがったけど、内容はあまりまとまりなかったかな。打ち上げパーティーでいろいろな人とお会いする。

■10月7日(日)
朝イチ上映の『堀川中立売』上映、盛況。上映後の柴田剛監督のトークに顔を出したら熱いお客さん(先日シンポジウムでも燃えていた人)とバトルモードになってて拍手が起きていた。午後イチで『先生を流産させる会』も盛況。こちらは上映前なので内藤監督がきっちり一方的にしゃべって上映へ。上映中、谷口恒平監督がやって来てMOOSIC LAB企画打ち合わせ。『へんげ』上映まで終わって若手監督たちのシンポジウム。内藤瑛亮監督が一番冴えていたように思える。夜は谷口正晃監督『シグナル〜月曜日のユカ〜』の上映。ラノベ特有の無理のある設定や三根梓がぎこちないながらも妙に心に残る奇妙なアイドル映画だった。大林宣彦監督が推している理由は良くわかる。あと、高良健吾の役が異様で良かった。谷口監督、内藤監督、大畑創監督、小林聖太郎監督、シマフィルム田中さんらと飲む。



■10月8日(月)
京都映画祭最終日。入江悠監督&ロロ公演で京都に来ていた極悪蝶MC海原こと板橋駿谷が来京。朝イチの上映、まずまずの動員。上映後トークショー。当影京都映画撮影所でラップを披露したのは板橋君が初めてじゃなかろうか。その足で祇園会館まで一気に移動。うどんを食べて中島貞夫監督『狂った野獣』。イチイチ最高過ぎる!と思ってるうちに痛快に終わる。その後入江監督、内藤監督、大畑監督、濱口竜介監督、向井康介らによるシンポジウム。中島貞夫監督本人にじっと見つめられながら、トーク中に突然京都映画祭のチケット購入システムについて苦言を呈すお客がいたり謎な展開もあったりしつつもみんな頑張っていた(笑)その後の『鉄砲玉の美学』は『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』といろんな意味で似ていると思った。クロージングパーティーでずいぶん飲んでシマフィルムまでタクシーで。柴田剛監督が新作の打ち合わせをしてる上で就寝。



■10月9日(火)
朝方鳥取へと出発する柴田剛監督を見送って、円町を散歩。京都の町並み妙に心が落ち着く。その後シマフィルムに戻って集中して仕事。円町リバーブにてカレーを食べて、河原町へ。京都みなみ会館・今井館長、田辺ユウキさん、シマフィルム田中さんと合流してロロ『LOVE02』京都公演へ。相変わらず無茶苦茶だがとてもつなくエモい。結果を求めたら死に値する、片想いの美学とでも言おうか...(笑)アフタートークの三浦君も異様なテンションで危ないことばかり言っていて地続きで素晴らしい。連れ立った皆さん気に入ってくださったようで何より。軽めに飲んで、京都マスター(というか地元)のカメラマン天津さんのLINEメッセージを元に喫茶店散策。充実した夜。また、シマフィルムに泊めて頂く。



■10月10日(水)
いっそ移住してしまいたいというくらい京都に後ろ髪をひかれつつも東京へ帰還。夕方vpfのサービサーさんが来社。『フラッシュバックメモリーズ3D』打ち合わせ。こんなに早くvpf問題と向き合うことになるとは。今回も、配給始めた時も新しい事を始めるきっかけは松江監督だったりして。さらに夜、下北沢でエリザベス宮地監督とMOOSIC LAB打ち合わせ。「軽い気持ちだったんだけどダメ
だ〜。直井さん戦争やりたがってる〜。」と覚悟を決めた模様。その後倉内太のインストアライブ@disk UNION。かなり盛況。演奏はもちろん、ポエムも必殺的。徐々にスタイルが固まって来た気がする。今後が益々楽しみ。終了後、倉内君、DECKRECネモトさんネイティブギターの皆さん、そしてまさかの倉内兄!とお茶。楽しかった。



■10月11日(木)
朝イチで溜池山王T社。入江悠監督のチームしゃちほこMV『ザ・スターダストボウリング』書き出し&納品。午後、伊月肇監督と『overture~寿美菜子×関西ゼロ年代映画作家』DVD-BOXの打ち合わせ。いろいろと頭を悩ませる。その後うみのての打ち合わせに参加。一気に周辺がざわざわしてきてワクワクするなあ。



■10月12日(金)
正午にパルコTさんとランチMTG。思わぬ共通キーワードに盛り上がる。良い!と思う物を信じてやってれば自然と繋がっていくのだなあ...と改めて実感。ポレポレ東中野でダブルO氏と諸々打ち合わせ。想いは共通しているが、まだ噛み合ないのでいろいろ先送りになりそう。その後飯田橋I社で『overture~寿美菜子×関西ゼロ年代映画作家』DVD-BOXの打ち合わせ。紆余曲折あったが、ようやくゴールが見えたか...な?何だかあまり役に立ててない気がして申し訳ない気もしてきた。夜は阿佐ヶ谷ロフトAでバンドじゃないもん!のイベントにて竹内監督お手製の『パヒパヒ』MV(監督:山戸結希)メイキングビデオを流しながらのコメンタリー的トークショーに出演。楽しかった。劔さんとも久々に再会。山戸、前売り券全く売れず。だからチラシ作れって言ったのに!



■10月13日(土)
木村承子監督『恋に至る病』初日。舞台挨拶の2回とも満席。ホッと一息。打ち上げで染谷将太くんや木村監督とあれこれ。夜も更けて池袋・新文芸坐へ。『SR サイタマノラッパー』シリーズ全作上映オールナイト。予想以上の大盛況!入江監督もトークで感慨深そうにしていた。自分は終電で帰宅。SRクルーは明け方まで残ってお客さんを送り出し。頭が下がる思い。



■10月14日(日)
あれこれ作業を経て新百合ケ丘。KAWASAKIしんゆり映画祭『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』上映。今回も盛況。久々合流の回鍋肉さん(a.k.a.MC ノーサウンド/征夷大将軍)が面白過ぎた。『キツツキの雨』の上映で来ていた沖田修一監督が『SR』を観てくれた。日芸の後輩に当たる入江監督が恐縮する姿を久しぶりに見た(笑)



■10月15日(月)
渋谷にてKさんとあれこれ打ち合わせのようなお茶のような。『フラッシュバックメモリーズ3D』試写@シネアーツ、いよいよ3Dにてお披露目...のはずが諸事情あって2D試写に。既にすごい完成度で3Dに益々期待。いよいよ21日に東京国際でワールドプレミア。ま、間に合うはず。だよね?



■10月16日(火)
夜、M監督&K監督と飲み。いろんな意味で意気投合、というか共通の悩みと障害を乗り越えるこの同志な感じ、アップリンク時代を思い出すな。何がしら手伝ってあげねば、と思う。

■10月17日(水)
夜『アウトレイジ・ビヨンド』。とにかく無駄がなく、スパッと終わるエンドロールまで傑作だった。悪い顔しか出てこない映画。しびれた。



■10月18日(木)
松岡くんと下北沢映画祭ヤングチーム企画打ち合わせ。無事開催されますように。某試写に行き損ねて、夜渋谷。岩井俊二監督『ヴァンパイア』観る。ぐったりする。山戸監督と『映画バンもん!』打ち合わせ。PVと映画の関係は近いようで遠い。甘くない。『パヒパヒ』MVが強烈過ぎたのでなかなか確かな感触がつかめないけれども、山戸さん的な突破口を見つけたらしいのでそれに賭けてみる。

■10月19日(金)
秦俊子監督&T監督と某企画打ち合わせ。夜、シブカル祭り@パルコに顔を出す。野外ステージのN'夙川BOYS、電子ドラムでやりにくそうな上に警察が来てしまい音をどんどん下げられていって最終的にはマイクもオフにされてしまっていた。それでもアカペラでやりきってお客さんと大合唱の図、には結構感動させれられてしまった。マーヤさんにプロフェッショナルというものを教えられた気がした。夜、録画してあった小野さやかのNONFIX『原発アイドル』観る。辞めた娘に共感しまくるあたりが小野さんらしかった。制服向上委員会でギターを弾き語りしてる32歳の人が気になった。テレビなので当然『アヒルの子』みたいにはならず、きちんとしたプロの仕事と感じた。とにかく小野さやかは、早く2作目の劇場公開作品を作るべし。

posted by spotted701 at 19:43| NAOI Takatoshi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

SPOTTED営業日誌(2012.9.22-10.5)

■9月22日(土)
松本CINEMAセレクトpresents『先生を流産させる会』上映会で長野・松本市のまつもと市民芸術館へ。上映前に11月開催の『MOOSIC LAB 松本♫ムージックよ、流れよ』の会場下見。縄手町を初訪問。頭上をムク鳥とカラスの大群がバトルしていてびびる。MOOSIC in松本。松本CINEMAセレクトとしても初のチャレンジになりそう。これは失敗させられない。夜、『先生を流産させる会』上映+トークショー⇒打ち上げ。虫とか馬肉とかを頂く。楽しく、美味しく、いささか飲み過ぎてしまう。

■9月23日(日)
ホテルで早起きして朝食。長野県、牛乳の美味しさが尋常ではない。午後イチで東京に帰還。下北沢映画祭コンペ部門で入江監督、トリウッド大槻さん、轟さんと審査員。上手い作品が多い、が、それが逆に心にひっかからない。上手さと一部の気迫と稚拙さが同居していた『悲しき子供』(監督:堀越勇輝)などに惹かれた。(意外にも全員一致でグランプリに)自主映画は、稚拙でもささくれだった作品と出会いたい、と思う。打ち上げでは下北沢映画祭コアメンバーと話し込む。真摯だけど何だか方針がぼやけてていろいろパッとしてない映画祭の現状。下北沢に住む映画人として何か協力できることがないか考える。

■9月24日(月)
MOOSIC LAB 福岡編の素材をまとめて発送したり、事務所でてんやわんや。夜、倉内太君のライブで風知空知へ。倉内君、演奏も素晴らしかったが初めて観たポエムコーナーが白眉。夢遊病ポップ感がハンパない。そしてここでもロロ三浦くんのお芝居を思い出す。世田谷ピンポンズも初めて見た。加地等やマエケン直系なのでさすが曲がいい。また機会があったら観てみたい。

■9月25日(火)
東葛映画祭の奥山さんがわざわざ千葉から来社してくれて、頭が下がる思い。9.30(土)の『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の上映、ちゃんと会場に足を運ぼうと思う。続いてネイキッドKさん来社。MOOSIC作品に対していろいろご提案を頂き、ありがたや。

■9月26日(水)
下北沢ガッツ美容室で散髪。担当してくれた人がYoutubeで観た『パヒパヒ』MVが面白かったと言ってくれた。夜、新宿西武でヤングポールと田中羊一から嬉しい提案を受ける。MOOSIC LAB参加組の次なるチャレンジは断固支持、協力していきたい。K's cinemaのDROP CINEMAをのぞく。連日満席が続いていて吃驚。

■9月27日(木)
久々に会うSさんとおじゃがでランチMTG。いろいろ発展的な話なのだが乗っかるのはなかなか難しい。午後、本多劇場で駒木根君や板橋君が出てるお芝居を観る。何だか最後迄気持ちが乗れず終わり残念。特に板橋君が不甲斐なく感じた。夜、天野監督や柴田監督とタイ料理食べながらあれこれ。

■9月28日(金)
配給の相談でKプロデューサーが来社。「思ってたより狭いんですね」と目を丸くしていた。パブリックイメージってもっと大きい会社なんだろうね。余計なお世話じゃぼけw。夕方渋谷でオモチレコード望月さんと打ち合わせ。某企画、スケジュールがうまく噛み合わず難航。続いて今泉監督とあれこれ打ち合わせ。

■9月29日(土)
夜、三軒茶屋で新旧SPOTTED関係者飲み会。過去は振り返らない主義だが、初期から支えて来てくれた人たちはやっぱり特別な存在だと思う。そして新たな仲間たちにも感謝。これからも面白い事を仕掛けていきましょう。そして良く行っていたBAR「TERA」が無くなった事を知ってちょっと悲しくなった。

■9月30日(日)
明大前でMOOSICロロ三浦組打ち合わせ。いろいろ不安だがやるっきゃない。DECKRECネモトさんともいろいろ話せて良かった。午後、台風が近づく中、千葉県は柏の葉アーバンデザインセンター (UDCK)へ。東葛映画祭での『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』上映会。子供から大人まで幅広い顔のお客さん、そしてとても愛がある対応をしてくださり、また作品を持って戻ってきたい場所が増えて嬉しかった。台風も思ったほど激しくなく、下北沢に戻って下北沢映画祭U24チームと打ち合わせ。面白いことができるといいなぁ。

■10月1日(月)
下高井戸シネマ『先生を流産させる会』初日。内藤瑛亮監督、宮田亜紀さんとトークショー。この作品の都内上映もいよいよ佳境。いつになっても動員の安定感がすごい映画に育ったことが何かちょっと誇らしい。

■10月2日(火)
ぴあで、13日に公開が迫る『恋に至る病』打ち合わせ。上の階のV社で某企画打ち合わせ。桜丘カフェでKさんと打ち合わせ。夜、バンドじゃないもん!のリリース記念フリーライブ@WWW。思えばみさこさんはかまってちゃん関連でもいろいろお世話になったし、デビューライブから観てきたバンドだし、ひょんなことからMusic Videoも制作させてもらい、いろいろ思い出しながら観てたら何だか感慨深い気持ちになった。

■10月3日(水)
ティ・ジョイさんと『フラッシュバックメモリーズ3D』打ち合わせ。思ったより早くvpf問題に真っ向からぶつかる日がやって来た。慎重に進めねば。その後大森靖子先生と合流して岩淵弘樹監督『サンタクロースをつかまえて』試写。いろいろ思うところが多い、良くも悪くも岩淵ワールド。あ、これが作家性なのか?でもいいシーンもいくつかあった。とりあえず、岩淵ママに何か賞をあげたい。帰りに大森靖子先生の野望を聞く。新作が楽しみ。

■10月4日(木)
K監督と転校生さんらと某企画打ち合わせ。外堀は埋まった。問題は中身だな。その後事務所に戻ってあれこれ打ち合わせ。続いてI監督と打ち合わせ。なかなかスタートラインに立てなくてじりじりする。夜、下高井戸シネマ『先生を流産させる会』内藤監督×虚弱。トークショー。実は結構深い内容のトークショーだった気がする。虚弱。さんが帰りにきゃっきゃと写メを撮り合う姿がザッツ女子という感じで面白かった。

■10月5日(金)
飯田橋で"K企画"打ち合わせ。長らく水面下進行してきたけどようやく着地か?その後下北沢に戻って広島からライブしに来ていたガール椿のメンバーとH監督とお茶。企画着火。夜、シェルターでガール椿の出番だけ観て新宿K's cinemaのDROP CINEMA楽日に顔を出す。今週ほぼ全部の回フルキャパ!めでたい。打ち上げで松木大輔君と久々に会って話し込む。うっかり終電まで。
posted by spotted701 at 01:35| NAOI Takatoshi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
LINK!LINK!LINK!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。